「エンチャイルド新発見セミナー」開催(大阪)

「今が良ければ良いというのではなく、未来を大切に考えていかなければならないと思いました」

 7月23日、大阪の会場で「エンチャイルド新発見セミナー」が開催されました。参加者は9人でした。

 以下、参加者の感想をご紹介いたします。

・いろいろな話が聞けてうれしかったです。今が良ければ良いというのではなく、未来を大切に考えていかなければならないと思いました。このようなセミナーを開いてほしいと以前から思っていたので、実施していただきとてもうれしく思っています。セミナーを通して、もっと他者のために生きたいと思えるようになりました。

・きょうの講義を聞いて、自分は何をすべきかについて考えさせられました。私はスタディーツアーに参加するようになって、ただ参加しているだけでなく、自分が主体的にどのように行動するかが大事なんだと意識が変わりました。SDGsについてあまり知らなかったのですが、もっと知りたいと思いましたし、これから学んでいきたいです。マズローの欲求論の観点も、以前、学生時代に学んだことのある内容でしたが、講師のお話がとても分かりやすくより理解が深まりました。

・久しぶりの勉強会で、難しく感じる部分もありましたが、いろいろと知識や理解を深めることができて良かったです。エンチャイルドの活動に関わることで、私自身もよりグローバルな視点で物事を見ることができるチャンスを与えてもらっていると思います。また大阪でセミナーを開いてほしいです。縄文の話ももっと詳しく聞きたいです。

・エンチャイルドの活動内容だけでなく、世界の動きや歴史、日本と海外の違いなど、いろんなことが学べて良かったです。まず、自分自身の考え方、ものの見つめ方を少し変えて、視野を広げていきたいと思いました。

・エンチャイルドの理念や活動、現在の日本や世界の課題を知り、エンチャイルドの活動が社会貢献につながっていることを改めて実感しました。今後、社会が必要とする活動ができるよう、自分自身の歩みも意識を変えていかなければならないと思いました。

・理念を具現化するための活動だからこそ、実践すればするほど、自分自身の不足さを実感します。だからこそ、自分自身の成長が必要不可欠であると痛感します。「世界を変える最善の方法は、自分自身を変えることである」。この言葉を心に刻みながら、常に行動する者、実践する者でありたいと思いました。

ページ上部へ戻る